-

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを売り買いして差益を得る商品です。

買ったり売ったりの価格は、二十四時間変化しています。

それが為替レートです。

ラジオのニュースを聞いているとドルやユーロの為替レートのニュースが流れる時があります。

例としてあげると、「現在のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表しています。

別の言い方をすると、買いと売りの2つの価格が存在するのです。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表しているFX会社もあります。

普段は売値の方が買値よりも低い値段に設定されるものです。

あなたが買値は高く、売値は安くなっています。

この差をスプレッドといいFX業者の稼ぎといわれています。

スプレッドの幅はFX取引会社によって変わります。

スプレッドの差はあなたにとって経費になるので低いFX取引会社をピックアップしたほうが有利です。

ただ、同じFX業者でも場面によってスプレッドの狭さは変動します。

例としていつもは円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドでもマーケットの上げ下げが大きい状態では3銭、4銭になったりします。

そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと同様に、変わらないのが肝心です。

今では動かないスプレッドの狭さを見せるFX会社もたくさん存在します。

現実に取引会社の売買画面内で実際の為替レートを調べなければ判断できないのでわずらわしいですがとても大切なことです。

大事な資金を投じて売り買いをするわけですからエントリーの前に興味があるFX会社の新規口座開設を試して、表示されているスプレッドの広さを見ておきましょう。

同じ通貨ペアでもその時点の条件によって通貨のスプレッド幅は異なる場合があります。

一般的には、銀行間取引で流動性の高い通貨の組合せではスプレッドが小さく、残りの通貨ではスプレッドの広さが広がるのが一般的です。