-

クレカがいらなく感じる…そういった時にはクレジットカードの解約(かいやく)。

確認は無用だと考えられますが、カードの無効化とは消費者が使っているそのクレジットを二度と小売店などのレジで買うことの出来ないようにすることです。

あなたが今読んでいるこの文章におきましては不要なカードの無効化の段取りから解約の注意事項などを明快に整理してみました。

この文章を理解して下されば退会に際しての心配をスパッと解決して頂けることでしょう。

手短に解説するとするならば不必要なクレジットを退会する手段は意外に楽なのです。

「クレカに一旦手続きをしたらすぐに使用を中止することは難しいんじゃないだろうか。

」または「クレジットカードの無効化の申し込みが手間だという気がする?」というように思い込んでしまう方もたくさんいるということだと聞いているが 実際はカードの裏側に記載されてあるコールセンターに照会をするとともに使用中止の意思を伝えることさえすれば手間取ることなく無効化ができるのです(約3分くらいのやり取りで出来てしまいます)。

カードを登録する際は信じられない程億劫だったのに使用中止の申請は本当に数分の電話で完了するの?と呆気にとられて何も考えられなくなってしまうことだろう。

本当に退会の手続きは楽におしまいに出来るのでしょうか?その通りです。

カード会社における使用不可能化の申し込みはレアなケースを外すと、解約のために要する書類もない上に執拗に引き止められるなどという事態も考えられません。

完全に一度「所有している▼▼カードのサービスを契約解除したいと思い、ご連絡さし上げたのですが!」などといった風に会話中の社員に直接願い出るようにして頂ければ完了するのです。

実際、私の知り合いも今までに30枚を上回るクレジットカードを機能停止するために連絡を取り続けて参りましたがひとたびたりとも契約解除において問題が起こったような事はあり得ないわけなのでそのような点は一息ついて結構です。

ある人より聞いた、誰かが実際に体験したという裏話では解約を希望オペレーターに話したところそのわけを聞かれる場合があったが、あくまでも軽い調査のような軽い聞き方だったという話なので再考を迫られることも知る限りないと教えてくれました。

もし都合を説明しなければいけなくなったというケースがあったとしてもあれこれ理由を考えずに『使用する機会が減ったから』もしくは『他社のクレジットカードの方が便利そうなので』などと伝えれば良いだろう。