-

為替介入(外国為替市場介入)という言葉は聞いた事がありますか?日本銀行が介入して新聞記事、雑誌記事、テレビのニュースヤフーなどの報道記事で見かけたみなさんも多いでしょう。元から為替への介入といえば日本では、◯財務大臣が為替レートの安定を保てるように行なうやり方として位置づけられています。簡単に言うと、極度の円高もしくは円安の時に財務大臣の指図により中央銀行(日本銀行)日本円を売り買いして為替レートの安定化を狙う、といったことです。外国為替平衡操作(為替介入)とは方法があります。1.単独介入・・・行政機関もしくは日本銀行が、東京市場の中で自分から市場に参入して為替介入(外国為替市場介入)をする。2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が協議したうえでそれぞれの銀行などがお金を使って一緒あるいは続けて外国為替市場介入(為替介入)して行く。3.委託介入・・・海外の銀行などへ向けて外国為替平衡操作(為替介入)を委任する。4.逆委託介入・・・日本銀行が他国の銀行などと代わって介入を遂行する。この通り方法です。いずれの方法の介入も短期に、継続的に為替市場に影響を与えることになります。為替介入(外国為替平衡操作)の資金は当然のことですが自国の威信をかけているのですからスケールが大きいです。円を元に説明すると、いつもは数銭単位で変動している円相場が急に数円ごとの変化をするのです。個人投資家の人ならこれまでに経験したことがあると思いますが、これまで順調に利益(または含み損)が増えている保有高をキープしていたのに、持続している保有高が決済しましたとのことで報告がFX業者の発信でメールが・・・利益が出たのかな(損したのかな)?と気にしながら決済された通達を見たら自分で見込んでいたのとはまったく逆の状態となってしまいびっくりしたといったことがよくあります。介入が行われた時によくある話なのです。以上のように外国為替平衡操作(為替介入)を実施すると、市場の動きとまったく逆の動きをするものです。それだけでなく動く額の範囲はものすごく大きく大きく動くので注意が必要なのです。