-

破産申告の際自分の返済義務にあたりその保証人を立てているときには事前にきちんと相談しておいたほうがいいでしょう。

改めて言いますが、借金に保証人がいるときは自己破産手続き前によくよく考える必要があります。

なぜなら、あなた自身が自己破産をして受理されれば、その保証人がみなさんの義務をいっさいがっさい払う義務があるからです。

なので、破産の前段階に経緯とか今の状態を説明して、謝罪をしておかなくてはならないでしょう。

保証人となる人の立場から見ると当然のことです。

借金をしたあなたが自己破産をするために高額の支払い義務がふりかかることになるのです。

そして、その後のその保証人の選べる方法は以下の4つです。

まず1つめですが、保証人となる人が「全額返金する」というものです。

保証人となる人がいきなり数百万もの債務を問題なく完済できるというようなカネを用意しているならばこの手段を取ることができるでしょう。

でもその場合はそのまま破産宣告せずに保証人となる人に立て替えてもらい、保証人に月々一定額を払っていくという方法も取れるのではないでしょうか。

保証人が破産を検討している人と信頼関係にあるのならば、少し期日を長くしてもらうことも可能かもしれません。

保証人が耳をそろえて弁済できない場合でもローン業者も話し合いで分割に応じることもあります。

保証人となっている人にも破産手続き行われるとお金がすべて返済されないリスクがあるからです。

保証人がもしそのカネを代わって負う経済力がなければ債務者と同様にどれかの債務整理を選択することが必要です。

続く選択肢は「任意整理をする」ことです。

これは債権者と落としどころをつける方法によって、だいたい5年ほどのあいだで弁済する形を取ります。

弁護士にお願いするときの経費は債務1件ごとに約4万円。

もし7か所からの契約があればだいたい28万円かかることになります。

当然相手方との交渉は自分でやってしまうこともできますが法的な知識がない方だと債権者が確実に有利なプランを用意してくるので、注意しなければなりません。

ただ、任意整理で処理する場合も保証人に負債を負担してもらうことを意味するわけですから、あなたはちょっとずつでも保証人に返済を続けていく必要があります。

さらに3つめは保証人となる人もあなたと同様「破産を申し立てる」場合です。

あなたの保証人も債権者と同じように自己破産を申し立てれば保証人である人の責任もなくなります。

ただその場合は、保証人が不動産などを持っている場合はそれらの個人財産を取り上げられますし、司法書士等の業務に従事しているのであれば影響があります。

その場合、個人再生という処理を検討するといいでしょう。

一番最後の4つめですが、「個人再生を利用する」ようにします。

不動産を手元に残したまま負債の整理をする場合や、破産では資格制限にかかる職務についている方に選択できるのが個人再生です。

この処理の場合自分の家は処分する必要はありませんし、破産のような職業にかかる制限資格に影響する制限等は何もかかりません。