-

FX(外国為替証拠金取引)で投資する良いところは一つだけの金融商品ありながら、資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の中からどの期間を選択するかで、投入の方法がまったく異なるということにあると言います。キレイモ立川北口店

初めに外貨に対して投入する「長期」に関して考えてみよう。

長期スタンスというのは一年以上の出資期間が前提とされているのが普通です。

一般的に為替レートで、一年も経過した後の為替相場が円高か、あるいは円安なのかを連想するなんてことは、まず苦難です。

通常なら「そんなにも後の将来のことは未知数です」と考えるのが現実だからです。

予測もできないものを一生懸命に予想しようとしてもそれは無駄なのです。

ですから、外国貨幣を買った場合、その時の価値よりも円が高めになっていても、その差損分は近いうちに円安に戻るだろうくらいの気持ちで売り買いに臨むことが大切です。

為替の利益を求めるというよりも、別の利益、言い換えればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるということをとりあえずの目標として始めましょう。

当然、短期で差損に損失がかなりなることもあります。

よってそんなマイナスにも耐えられるようにレバレッジを最小限でやり取りすることは重要です。

外国為替証拠金取引(FX)は為替差損が一定金額よりも大きく拡大すると追加保証金を求められたりまたはストップロス(ロスカット)になったりします。

損切りがかかったらその場でやり取りを打ち切りすることになり長期の投資は難しくなります。

リスクを避けるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍で売り買いするのが良いでしょう。

次は中期スタンスのケースの売買についてです。

中期の投資のケースでは長くて2ヶ月程度先々を予測してのやり取りを行います。

為替の売買の際、だいたい1ヶ月先のことはほとんどの場合先読みしやすいな場合が多いでしょう。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)の類の公式の議会や為替の市場で取引している人たちが何を事柄に関心を持っているかを確認してみれば割りと、予想がつくと思います。

経済の状況をチェックしながらなお、チャートを参照することによって為替レートの状態を把握しどちらのポジションかを判断するのがいいでしょう。

基本的に経済の基礎的条件とテクニックの両面で良い状態であり、もしくはどちらも買い傾向が一致している時は、ほとんどのケースでは判断した通りに動くと思って良いでしょう。

そんな時は持ち高を増やすことによって一層大きい利益を期待できると思います。

最後は短期のトレードの重要点です。

ここでの短期のスタンスは言い換えればデイトレを言っています。

為替で日計り取引をする際、経済情勢はいっさい影響がないと言い切れます。

それは次の日の為替の相場の変化に経済の状況は影響ないからです。

この時の最大の重要ポイントは大規模な事柄がある場合そのおかげで相場が大きく変化するチャンスを待ってやり取りしましょう。

例を挙げるとアメリカ合衆国において雇用の統計が公示されるもしくは金利政策などで制作金利が変わるほどのこと。

こういう瞬間的な変移を逃してはいけないとのことから、短期トレードは高度な要素が欲しいところである。