-

実際にコンピュータの画面の前で、変動している相場を目を向けていると、取引をしたいという感情に煽られる方も多いです。アヤナス店舗

しかしながら、なんとなく思いで注文するのだけは、避ける必要があります。

事実、相場は四六時中いかなる時でもいずれかの国のマーケットが関いているし、相場もいつでも、上がったり下がったりします。

しかしながら、考え無しにエントリーをしているとその回数だけマイナスになる確率が高くなります。

当たり前ですが、トレードの数を経験することによって、利益を上げられる確率が半々になるのは周知の通りです。

けれどもその事実は「漠然とした勘で注文」することとは別問題です。

注文回数を増やす事の意味は自分自身が「ここがチャンス」と感じた時機を得られたケースでの売買回数を積み重ねるという事を意味します。

ただ、ひっきりなしに取引をするのとは全く違う。

市場の駆け引きに勝つためには自ずから意識的に緩急をつけることこそが大事です。

「ここは!」と思えた市場の時には、思い切って所持ポジションを多くして利益を追い求めます。

「難解な相場でどう変化するのか読めないな」と思い至った時は観念して保持ポジションを閉じて黙っています。

そのくらいのメリハリがあったほうか、最後には取引は勝てます。

相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

本当にその通りです。

相場とは、いつもポジションを保持する事が大事ではなく、どの売買ポジションも所持せずじっとしていることも状況によっては相場です。

それでは、いつ、休む必要があるのでしょうか。

最初に言われるのが先に述べたように、直近の為替相場がはっきりとよく見えない時。

そこから高くなるのか安くなるのかわからないような時は分からないまま行動すると、あなたの思い描いたストーリーとは異なった方向に市場が変化してしまい、損失を被ることになる。

こんな場合はポジションを減らして、そのままの状態で黙ってみているだけがいいでしょう。

第2に、己の体の調子が思わしくない時です。

体の具合と外国為替市場に関係しないと思う投資家もいるだろうが。

実際にはかなり影響を与えます。

体調が思わしくなければ、マーケットの重要な局面で冷静な決断ができません。

気分が乗らない時は、マーケットから距離を置くことも大事なことだ。