-

フリーローンというものをすると月次指定日取りに銀行口座などから自動引き落としで支払いがされていくようになっています。

テレビのコマーシャルで現金自動支払機で適時支払というのができるというように言われてますが、それは自動返済とは別で返済する折のについてを言っています。

こういった事を前倒し支払いなどと言いまして、残金全額に関して返済返済を全額一括返済、一部金を支払いするような事を一部金前倒し弁済と呼んでいます。

これは一時所得等で経済的に余力というのがザイン事例は、現金自動支払機や口座送金により一部金もしくは全てについてを弁済するということが可能になっているのです。

さらにこのようなことの他にも繰り上げ支払には強みがおおくあって欠点というものはほぼないです。

利点とは別口によって支払することにより、借入金自体について減ずることが出来るので引き落し期間というのが少なくなるので、利率に関しても軽減することができ弁済総額自体を縮小可能なので一挙両得の支払形式なのです。

そのかわり留意しておきたいのはいつ早期支払しようかという点です。

金融機関には弁済回数と他に締めがというようなものがあります。

例を挙げますと月中が〆め日で次の月10日支払としましたら月中から以降については翌月分の利子などを合計した返済金額へと確定してしまったりします。

どういう事かと言うと、月中から以降に繰り上げ支払いしても来月の引き落し金額が確定しておりますので、その間に繰り上げ弁済したような場合でも次月分の弁済分へはちっとも効果がないのです。

それ故前倒し支払というようなものがすぐに効果を呈するようにするには弁済期日の翌日からその次の〆の前日までのタイミングで早期弁済してしまうことが要求されます。

ですがこうした場合の金利の差引というのはごく少額です。

そんなくらいは眼中にないという方は随時任意に早期支払するといいでしょう。

なおわずかでも小さくしたいと考える人は、支払い期限から〆までの間に前倒し支払いした方がよいでしょう。