-

ありふれたビギナー向けのFX取引の雑誌では「損失を被ったケースではナンピン買いすることで、ポジション全体の買い付けコストを低くする」と記述されている事もありますが現実的にはそれには相当大きな罠が潜んでいます。極み菌活生サプリ 口コミ

最初に、ナンピン買いの原理について簡単に述べます。キレイモ 予約

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。薮紀子 ライブ スケジュール

$(ドル)買いということで、円安に向うほど黒字が出るわけですが、運悪く95円までドル安が進んでしまったとします。染まらない

このままの状況で持ち続けたとしたらプラスになるためにはドル安になった分円安に進む必要があります。よか石けん

皆さん、赤字はなるべく早く0にしたいと願うでしょう。透析患者の余命

この状況を乗り切るため最初に注文したのと同じだけの$を買います。脂肪燃焼 ダイエット コンブチャクレンズ ファスティング 効果

これで、ポジション全体の平均の価格は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。エンダモロジー 埼玉

その結果、半分の幅で円安に進めば、損を回復する事ができます。fountain connect

これが、ナンピンのロジックだ。消費者金融 一覧

ナンピン買いのやり方を知ると、「確かに」と考えたりするが、マーケットは簡単には上手くはいきません。

元々、1ドル95円より下がらないとは、誰一人として予想できません。

もしも、外国為替市場が相当のドル安トレンドだとしたら95円では収まることなく更に一段の円高ドル安に向う可能性がある。

仮に、97円50銭でナンピン買いをした時に95円までドル安に向ったら、ナンピンした分にも、差損が生まれることになってしまいます。

その状態では、一番初めにエントリーしたドルと合計で倍の差損を被ります。

それほど、ナンピンは難解です。

それでは、市場が自身の台本とは反対にさっさと進む場合どのような対応で危険性を軽減すればいいのでしょうか。

選ぶべき方法は2つ。

ひとつめは観念して損失を確定する事です。

別の方法としては今、あなたが保持しているポジションを減らす事で、もう一回為替相場が回復するのを黙って待つことだ。

少し消極的な手段だとみる人もいるkもしれません。

だがしかし、自分が保持している買いポジションにマイナスが生じた時、最も危険の少ない手法はこれよりいいものはないです。

言うまでも無く、考え方としては、ナンピンをするという考え方もあるように思える。

だがしかしナンピンは、自身がマイナスになっているにもかかわらず、ポジションを縮小するどころか、それとは逆に買いポジションを増やしていく対策です。

この考え方では、リスクをコントロールすることなどとても無理だと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをし続ければその内儲けが出るかもしれません。

でも、それより先に資金が不足してしまいます。